丸の内で働く若手サラリーマンの日常

ど田舎の村から上京し丸の内で働くさえないサラリーマンの日々の記録。仕事、グルメ、温泉、旅行、投資など、役立つ(といいな)情報などを発信していきます。

【必見】汚肌・肌荒れ男子はモテない!きれいな肌を作るために実践していること7つ

f:id:tamarun56:20190512095048p:plain



スキンケアには人一倍気を使っているたまる (@marunon777)です。

 

私は実年齢より若く見られます。

25歳の時に年齢確認をされたこともありました。

 

ある人からは

 

「肌がきれいだから若く見られるんだよ」

 

と言われました。

それ以来、なんとなく肌の綺麗さに自信を持っています。(単に童顔という説もありますが…)。

 

そんな私も昔はアトピー体質で肌には相当気を使って生きてきました。

 

そうしないと、かゆみが出てしまい、勉強や仕事など日々の生活に支障が出ることも…。

 

今回は私が実施して「効果があったな」と感じる綺麗な肌を作る方法について、紹介したいと思います。

 

 

1.サプリメント飲む

è¬ã®ã¤ã©ã¹ããè¬ã®ç´è¢ã

肌をきれいにするためには体の内部から働きかけることが重要です。

多種多様なサプリメントがありますが、特に効果が高いと思ったのは以下です。

ビタミンB群

ビタミンB群は、体内では酵素の働きを助け、タンパク質や糖質、脂質の代謝などの役割を担っています。

口内炎に効くチョコラBBはBBというくらいなので、ビタミンB群が主成分です。口内炎にも効きますが、肌のトラブルにも効果があります。

ビタミンB群はサプリメントの値段も安いので気軽に始めることができます。

亜鉛

皮膚はタンパク質からできています。亜鉛を摂取することで、タンパク質の代謝を促し、皮膚のトラブルを改善することがでぎす。

特にアトピーで掻いてしまい、傷ついた肌にはかなり効果があると実感しています。

2.洗顔で気をつける

ãã¯ã¬ã³ã¸ã³ã°ã®æ³¡ãæã£ã女æ§ãï¼»ã¢ãã«ï¼æ²³æåæ­ï¼½

朝の洗顔

よほどオイリー肌じゃない限りはお湯で問題ありません。

朝もしっかり石鹸で洗ってしまうと必要な油分までなくなってしまい、てかりやニキビの原因になることもあるようです。

夜の洗顔

洗顔料を使うより「固形石鹸」をお勧めします。

特に余分なものが入っていない昔ながらの製法で作られた石鹸がおすすめです。男性の洗顔料はさっぱり感を強めるために洗浄力や刺激が強い成分が使われている場合があるので、おすすめしません。 

化粧水を必ずつける

女性はみんなつけている化粧水。男性ではつけている人は少数ではないでしょうか。

ただ、洗顔した後に放置していては乾燥してしまうので保湿は必ずしたほうがいいと思います。

私の肌が弱いのかもしれませんが、数日化粧水をつけないと乾燥で肌が赤くなってしまします。 

3.温泉施設に行く

ãæ§å·å湯温æ³ãè天æ§é²å¤©é¢¨åãã

私は週1回は必ずどこかの温泉施設に行っています。

汗をたくさんかくことですっきりしますし、疲労回復にもなります。

そこで気づいたのですが、

 

温泉施設にいる肌がきれいな人が多い

 

ということです。

 

おそらく、温泉の効能による美肌効果やサウナでたっぷり汗をかいて老廃物を流すことで、肌がきれいになるのだと思います。 

4.食事に気を付ける

ã«ããã©ã¼ã¡ã³ããããç·æ§

甘いものを控える

糖分は、体内で分解吸収されるときにビタミンB群やミネラルをたくさん消費しています。

肌の調子を整えるなど体に必要なビタミンB群とミネラルが不足して、肌トラブルを起こしてしまうことにつながります。

野菜ジュースを飲む

本当は生野菜をとったほうがいいとは思いますが、手間などを考えるとなかなか難しい…。

ということで、野菜ジュースを飲んでいます。果汁が入っていない野菜汁100%のものです。

野菜ジュースにすることで多少栄養素は減少してしまうかと思いますが、取らないよりはとったほうがいいということで。

5.睡眠をしっかりとる

ã¾ãããæ±ãã¦çç¡ä¸­

私の場合睡眠時間が少なくなると確実に肌があれます。

睡眠は体に起きた損傷を修復するための時間でもあります。

特に皮膚は日々新陳代謝をしている細胞分裂が活発な組織であり、紫外線によるダメージを受けやすいため睡眠中の修復が重要になります。

少なくとも、毎日6時間以上の睡眠時間は確保したいものです。 

6.お酒はほどほどにする

 睡眠時間が少なるからということもあるかも知れませんが、お酒を飲みすぎると肌があれます。

お酒を処理する肝臓はさまざまな成分の分解や代謝を担う臓器です。

アルコール成分の処理で働くと他の機能まで手が回らなくなってしまい、にきびなどの原因になってしまうそうです。 

7.必要に応じて病院に行く

æ¡åãããç¾äººç護師

医療技術は進歩しており、にきびやアトピーについては画期的ともいえる薬ができています。

特ににきびについては、病院で処方された「ディフェリンゲル」が非常に効きました。

他にもアトピー性皮膚炎の場合は炎症を長引かせると色素沈着が起きてしまいます。

医学的にエビデンスのあるステロイドを正しく使うことが大事です。

かなりハードな肌荒れで手に負えない場合は素直に病院に行ったほうがよさそうです。

ただ、皮膚科もピンキリですので、事前に病院の評判などをしっかりと調査していくことをお勧めします。 

まとめ

きれいな肌は一朝一夕に手に入るものではなく、日々のケアが重要です。肌がきれいだとメリットがたくさんあります。 

肌がきれいなメリット

・清潔感があるように思われる

・第一印象がよくなる

・女性にもてる

・自分に自信が持てる

きれいな肌作りに少しでも参考になれば幸いです。

読者になる

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ  

// 目次 表示/非表示ボタン