丸の内で働く若手サラリーマンの日常

ど田舎の村から上京し丸の内で働くさえないサラリーマンの日々の記録。仕事、グルメ、温泉、旅行、投資など、役立つ(といいな)情報などを発信していきます。

田舎の暮らしは楽しくない?20代男子の仕事以外の活動について(パチンコ・消防団他)

こんにちは、たまるです。

GWも5日目ということで早くも折り返しですね。

実家に帰ってきていますが、天気が悪いこともあり、家で皇室関係のテレビを見て過ごしています。

 

生前退位というもう二度とないかもしれないイベントなので、

こんな時くらいリアルタイムで退位・即位関係の行事をテレビで見るのもいいかもしれません。

 

さて、今回はせっかく田舎に帰ってきたので、

 

20代男子は田舎でどんな生活を送っているのか?

 

について、紹介したいと思います。実際の友人たちの生活を聞いて大体分かりました。

田舎で生活しようとしている若い人の参考になれば幸いです。

 

住んでいる田舎の情報について

事前情報として私の住んでいる田舎についての情報を伝えたいと思います。

・人口1万人程度の町
・最寄り駅まで車で15分
・最寄りコンビニまで車で10分
・通っていた小学校が統合により廃校
・近所の高校の偏差値が30台
・主要産業は農業と観光
・東京までは最短で4時間 

 

…本当に「ど」がつくほどの田舎です。

 

20代男子の日々の生活は?

そんな田舎に住む生活についてはどんな感じかというと

パチンコ

生活におけるパチンコの占める割合が半端ない。

 

というのが実感です。休みの日には7~8割の人が行っているのではないでしょうか。私も地元の友人とつきあいでパチンコに行くのですが、

 

友人が知り合いに会いまくる

 

ホールを一緒に歩いているとそこら中に知り合いがいます。

 

地方に行くと、東京ドーム〇個分はあるんじゃないかというバカでかいパチンコ屋さんを見ることがありますが、行く人がかなりいるのでちゃんと儲かるんでしょうね…。

ゴルフ

ゴルフもやっている人が非常に多いです。都会の若者だと10人に1人やっているかいないかという印象ですが、田舎だと5人に1人くらいはやっているように思えます。

 

それも、みんなかなりうまい!

 

打ちっ放しの料金が安いことや、近くにラウンドできるコースがあることからかなり上達しやすい環境にあります。

 

都会だと若手ではベストスコアで100を切れば十分褒められるレベルですが、田舎だと100切りは当たり前の様子…

 

私の友人のベストスコアでは70~80台が多いです。 

到底かないません。。

野球

野球もかなり盛んです。なぜなら、

 

部活の選択肢が野球くらいしかないから

 

ある程度の人口があれば、中学校等の部活動ではバスケットボールやサッカーなどの選択肢もあるかと思いますが、私の中学校では「野球」「卓球」「バレーボール」の3択でした。

 

その影響もあり、社会人でも野球の大会が数多く開かれています。チームも地域や年代ごとにかなりの数があります。

野球をしてきた人にとっては居心地がいいかもしれません!

消防団

田舎生活を語るうえで欠かせないのが消防団の活動です。毎週のように活動があるようです。

 

具体的には、夜警といって、深夜に消防車に乗って町をパトロールしたり、消火活動の練習などをしているようです。

 

活動の終わりにはよく飲み会もセットである様子。若手の集まりなので、ここでは書けないようなやんちゃな噂をよく耳にします…。

まとめ

田舎における主な活動を紹介しました。都会と比べると娯楽が少なかったり、人間関係が濃かったりしますが、合う人にはとても居心地が良いのだと思います。

 

★幼少期の気の合う仲間と遊べる
★親と同居しているため食事には困らない
★先祖代々の土地・家があり住むところには困らない、家賃が発生しない
★物価が安く生活費が抑えられる
★自然がたくさんあり子育てに好影響

 

など、都会ではなかなかできないことがたくさんあります。今は都会の生活が楽しく、田舎にすぐに帰るという選択はありませんが、ゆくゆくは帰って生活してみたいと思う今日この頃です。

 

読者になる

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ  

// 目次 表示/非表示ボタン