丸の内で働く若手サラリーマンの日常

ど田舎の村から上京し丸の内で働くさえないサラリーマンの日々の記録。仕事、グルメ、温泉、旅行、投資など、役立つ(といいな)情報などを発信していきます。

【就活生・転職者必見】東京で働けて激務じゃなくて給料も良い就職先②不動産編【転勤なし】

f:id:tamarun56:20190303000949p:plain

「給料がそこそこ高い」

 

「転勤なしで東京で働くことができる」

 

「仕事のノルマは厳しくない」

 

という「3つの要素を満たすことができる企業」を中心に就職活動をしてきた私が、就職先を紹介する企画の第2弾です。

 

「まったり転勤なし高給ホワイト企業」という、「そんな就職先は都市伝説だろ」っていうくらい少数だと思いますが、

 

探せば意外とあるもんです。

 

同じ志をもつ皆さんにも紹介したいと思います。

 

第1弾はここから

 

www.tamarun56.com

 

第1弾の大学職員は正直ありきたりというか、もう情報がかなり広まっているので、正直結構厳しいです(紹介しておいてなんですが・・・。)。

 

今回は自社で物件を保有している不動産関係の企業です。

 

なかなか注目されにくいながらも、3つの条件をしっかりと満たす、かなり待遇のいい企業もあります。

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

自社で資産を保有している不動産関係の企業

f:id:tamarun56:20190303003630p:plain

 

不動産というと、「賃貸の仲介」「投資用不動産の営業」など若干ブラックなにおいがします。

 

ここで紹介するのは資産として不動産(土地や建物)を保有している企業です。

 

お休みは、「火・水休み」ではなく、「土・日休み」の不動産業です。

 

正直言って、この手の企業は

 

「不動産」という打ち出の小槌

 

を持っているので、営業等に注力しなくても、基本的には食っていけます。

 

ということで、ビジネスモデルとしては最強です。

 

皆さんも銀座の一等地に大量に自分の土地や建物があったらどうしますか?

 

貸すなりして毎月、大量の家賃収入が得られることは容易に想像できると思います。

 

それと同じことが企業にもいえます。

 

有名な話ですが、テレビ局のTBSや朝日新聞も本業の業績はいまいちでも、不動産でかなり稼いでいます。

 

TBSはテレビ事業っていうか不動産事業だけで生きていけるって話。 - much better

TBSもだけど、朝日新聞も不動産賃貸業が業績を牽引しているよって話。 - much better

 

一等地に暮らしたり、商業施設を建てたり、企業がオフィスを構えたりする需要は安定してあります。

 

今後もこの収益基盤は揺るがないことが想定されます。

 

給料(基本的に転勤が無さそうな不動産業の平均年収)

f:id:tamarun56:20190303003725p:plain

いくつか例をあげたいと思います。 

転勤なし不動産業の平均年収
  • 世界貿易センタービルディング 933万円(有価証券報告書より)
  • 成田国際空港 849万円(有価証券報告書より)
  • サンシャインシティ 825万円(有価証券報告書より) 

この手の会社は規模が小さい会社も多く、有価証券報告書を出してないので正確な給料が分からない会社も多いです。

 

ただ、有報を出しているところだけを見るとなかなかの高給のようです。

 

持っている資産を貸すという、割と受け身のビジネスでこの給料はかなり割が良いのではないでしょうか。

転勤

ã大空ã®ç¿¼ã

大手の不動産会社、例えば三井不動産や三菱地所は全国でアウトレモールを展開しています。

海外展開も盛んにしていたりするので、転勤があることが予想されます。

 

一方で、自社で資産を保有している不動産会社で、全国に展開していない会社では基本的に勤務地は自社物件内に限られます。

 

そのため、転勤はないと思われます。

 

仕事内容

å¿ããä»äºããã¦ãã女æ§ä¼ç¤¾å¡ã®ã¤ã©ã¹ã

主な仕事内容は以下になります。

  • テナント企業の誘致・管理
  • イベント誘致・運営管理
  • 施設維持管理、工事の発注業務、修繕計画の策定、PM業務

 

テナント企業等は一度入れてしまえば安定的な収益が見込めます。

 

イベントの誘致等についても自社で企画するのではなく、利用する企業や団体が実際の運営等を行います。

 

よって、過度な負担はないと思われます。

 

きついノルマが課せられて激務ということはないでしょう。

休み

ã«ã¬ã³ãã¼ãè¦ã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼


不動産業でも仲介会社や住宅メーカーの営業等は、土日祝がかき入れ時なので、基本的に火水休みが多いようです。

 

今回紹介している自社で物件を保有している会社に関しては、BtoB取引が中心の企業なので、カレンダー通りのお休みになります。

 

年間休日は120日以上は確保できそうです。

 

就職難易度

f:id:tamarun56:20190228225324p:plain

どの企業も従業員数は多くないです。自社の不動産が勝手に稼いでくれるので、そんなに人数をかける必要はないみたいですね。

 

そのため、募集人数が少なく就職難易度は高いです。

 

けれど、大学職員ほど可能性がないわけではありません。

 

というのも、名の知れていない会社が多いと思われるためです。

転勤なし不動産業の平均年収
  • 世界貿易センタービルディング 933万円(有価証券報告書より)
  • 成田国際空港 849万円(有価証券報告書より)
  • サンシャインシティ 825万円(有価証券報告書より) 

このあたりの企業を知っている、あるいは、受けている友人は周りにいますか?

 

・・・ほぼ100%いないのではないでしょうか。

 

就活していた時に私が受けていることを話すと、「そんな会社あるんだ!」という反応がほとんどでした。

 

採用人数は少ないですが、受ける人も少ないので、大きなチャンスだと思われます。 

実際の求人について

リクナビやマイナビをみて良さそうな求人をいくつか紹介したいと思います。 

まとめ

ã岩場ã§ãã¤ããè±¹ã

これらの企業は、「まったり高給」のにおいがぷんぷんします。

 

ただ、一つ注意したいのが、会社の規模はかなり小さいというところです。

 

転勤がない=会社の規模が小さいということなので、しょうがない部分もありますが。

 

そうなると、なかなか外部に情報が出てきません。

 

キャリコネやボーカーズでも口コミが少ないので、実態の把握が難しい分、少々怖いところもあります。

 

ただ、ビジネスモデル的にはかなり強いですし、悪いうわさも聞かないので、そこまで心配する必要もないのかとは思います。

 

前回紹介したような、競争倍率がかなり高い大学職員よりは採用される可能性が高いと思います。

 

実は、私もここで紹介した会社の中で1社内定をもらってます(結局辞退しましたが)。

 

ぜひ、応募を検討してみてはいかがでしょうか!

 

第一弾はこちら

www.tamarun56.com

採用説明会の前にはこちらをチェック

www.tamarun56.com

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ