丸の内で働く若手サラリーマンの日常

ど田舎の村から上京し丸の内で働くさえないサラリーマンの日々の記録。仕事、グルメ、温泉、旅行、投資など、役立つ(といいな)情報などを発信していきます。

有名寿司店がプロデュース!銀座のあっさりラーメン「麵屋ま石」に行ってきた

 

f:id:tamarun56:20190223134530j:plain

 

こんばんは、たまるです。

 

銀座にあった有名ラーメン店「篝」に行きたいと思い、先日お店に行きました。

 

 

店名が変わっている・・・。

 

なんでも、移転したみたいですね。

 

【銀座 篝】本店が一時閉店から移転し2018/12/27に再開! | プトログ

 

新たに入っているお店もまたラーメン屋さんのようです。

ということで、今回はその新たなテナントの「麵屋ま石」に行ってきましたので、紹介します!

 

店構え

f:id:tamarun56:20190223134901j:plain

ぱっと見お寿司屋さんのような外観です。それもそのはず、このお店は日本橋の有名寿司店がプロデュースしているとのこと。

  

入店

f:id:tamarun56:20190223134627j:plain

とても清潔な店内です。カウンターの席のみです。奥に厨房があり、3名で調理をしてました。店員さんは白い調理服を着ており、「何握りましょうか」と話しかけてきそうな雰囲気です。

 

メニュー

f:id:tamarun56:20190223134639j:plain

特筆すべきは

 

雲丹三種盛り鯛らーめん(2,500円) 

 

ラーメンで2,500円は今まで見た中で最も高いかしれません…。とても美味しそうなので、食べてみたかったのですが、今回は

 

帆立鯛らーめん(1,400円)

 

を注文しました。

 

実食

f:id:tamarun56:20190223134728j:plain

注文して3分もたたずに、ラーメンが到着。麺が細めなこともあり、待ち時間は短いです。お客さんがたくさん来ても割と回転は速いかもしれません。

 

スープを一口。あっさりしてますが、鯛の香りが広がります。魚特有の生臭さは一切ありません。しょうがの細切りが入っていて、いいアクセントになっています。

 

チャーシューとメンマは冷えた状態で別皿で出てきますが、メンマが特に美味しい。前にあった店の篝でもおいしかったのですが、ここのメンマも厚切りで、かなりレベルが高いです。

 

ホタテもかなり厚切りです。あぶってありますが、半生の状態で、食べると濃厚なうまみが広がります。お寿司屋さんがやっているだけあって、刺身で食べても全く問題ない鮮度の高いものを使用しているようです。

 

f:id:tamarun56:20190223134757j:plain

美味しかったので、ついついスープをかなり飲んでしましました。

気になったところ

店内のメニューに写真がない

どのラーメンも高級食材をふんだんに使用しており、写真のインパクトは十分あります。

特に雲丹三種盛り鯛らーめん(2,500円)は単価が高く、注文するのに躊躇しますが、この写真をしっかりアピールすれば、頼みたくなる人は多いのではないでしょうか。

経営会議をしている

19時頃に入店したのですが、お客さんは私1人でした。金曜日ということもあるのでしょうが、3人で運営していて、この状態は少しだけ心配になりました。

 

狭い店内なので店員さんのお話が聞こえてきますが、がっつり経営に関する会議です(笑)。メニューや単価についてお話をされていました。

 

高級食材を使用しているとみられ、商品の原価率が高いこと、銀座という場所柄、賃料も高いこと、店員も3名と人件費も高いことが推定されるので、てこ入れが必要なのでしょうか。

決済は現金のみの対応

おそらく、信販会社に払う決済手数料が高いので、現金のみとしているでしょう。

しかし、土地柄、外国人観光客の利用も多いと考えられること(純和風のラーメンはウケもよさそうです)や、今後の消費増税後のポイント還元等を見据えると、現金以外の決済手段を導入することの検討も必要ではないでしょうか。

まとめ

銀座にあった有名ラーメン店「篝」の跡地の出店ですが、私が行ったときは、篝のように行列ができるような状態ではありませんでした。

しかし、お寿司屋さんがプロデュースをしている強みを活かした、新鮮な食材で作るラーメンはかなり美味しいですし、写真映えもします。ポテンシャルはとても高いと思います!

 

 

 

<過去記事>ここのラーメンもおいしかったです

www.tamarun56.com

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ     

 

// 目次 表示/非表示ボタン